top of page

本好きさんはこんな性格!本が好きな人の特徴・本を読まない人との違い・本好きになる方法についてご紹介します

更新日:2023年6月16日

人にはさまざまな性格や特徴がありますが、本好きな人の性格をご存じでしょうか。本好きな人は、非常に魅力的な性格である場合が多く、一緒にいても非常に楽しいです。

そこで本記事では、本好きな人の性格についてご紹介します。本が好きな人の特徴・本を読まない人との違い・本好きになる方法についても解説するので参考にしてください。


本好きさんはこんな性格

本好きな人は、本に対して強い興味や情熱を持っています。性格についてはさまざまですが、一般的には以下のような特徴があるといえるでしょう。

  • 知識や情報に対して好奇心が強い

  • 論理的な思考力ができる

  • 感情を表すのが上手い

  • 自己肯定感が強い

  • 自信を持っている

  • 自己分析ができている

本を通して常に新しいことを学び、考えに触れているため論理的であり、好奇心が強く自信を持っています。

自己分析をすることも多いため、根拠を立ててご自分の考えを持っており、自己肯定感も強い傾向もみられます。

もちろん、あくまでも一般的なイメージであり、読書好きな人全員がこのような特徴や性格に当てはまるわけではありません。

しかし、特徴や性格を把握しておくと、より一層楽しく一緒の時間を過ごせるでしょう。


本好きな人の特徴は?

本好きな人の特徴は、他にも沢山あります。魅力的な部分は非常に多いです。特徴を理解できれば、ご自分も本が好きになりたいと思うかもしれません。

ここでは、本好きな人の特徴をご紹介します。


■物静か

一般的な特徴としては、物静かである点が挙げられます。必ずしも全員が物静かであるというわけではありませんが、自ら目立つような行動はしない傾向です。

というのも、読書は静かに集中して行うものです。そのため、読書の時間は心を落ち着かせている必要があります。

本の世界に没頭するには、心を穏やかにする必要があるのです。そのため、本好きな人は落ち着いた性格であり、静かにご自分の中で流れる時間を大切にする一面があるといえます。


■好奇心が旺盛

好奇心が旺盛という点も、特徴の1つです。本を通して、さまざまな考えや世界観に触れて、新しい知識や情報を得られます。

そのため、好奇心が強く、常に新しく多様な情報を取り入れたがっているといえるでしょう。

本にも複数のジャンルがありますが、あまり読まないジャンルであれば特に、新たな価値観にふれられ好奇心を刺激できます。

また、本は自己理解を深めることにもつながります。それにより、自分自身を深堀でき、好奇心がより一層旺盛になるのです。

読書好きな人の特徴や魅力に気づいた人は多いのではないでしょうか。


■語彙力がある

語彙力がある点も特徴に挙げられるでしょう。読書を通して、さまざまな言い回しや言葉に触れられます。そのため、語彙力を高められるのです。

特に、小説・ノンフィクション・自己啓発本などを読むことで、語彙力だけでなく表現方法や高度な文章構成なども学べます。

また、身に着けた言葉は日常的にも使えるため、より一層言葉を理解し使いこなせるようになるのです。


■話題が豊富

話題が豊富な点も、一般的な特徴の1つです。さまざまなジャンルの本を読んでいると、多くの知識や経験を得られます。

そのため、話題が豊富となり、会話に困ることなくどんな人とも円滑に話せるようになるのです。

例えば相手が仕事関係の人であれば、ビジネス関連の話題で会話を広げられます。また、ドラマ好きの人であれば、ノンフィクション小説などで交流できるでしょう。

さらに、独自の視点の考え方や感想なども持っているため、話題のバリエーションは非常に豊富です。


■1人時間が充実している

本好きな人は、1人の時間が充実している特徴もあります。充実している理由としては、次のようなものが挙げられます。

  • 趣味の時間に没頭できるため

  • ストレス解消になるため

  • 知的欲求を満たせるため

趣味の時間に没頭できる点が、理由の1つです。本が好きな人は、読書が趣味といえます。それほど、読書はご自分にとって大切なものです。

そのため、趣味に没頭できる時間は幸せであり、1人の時間が非常に充実していると考えられます。

また、趣味の時間に没頭できるため、ストレス解消にもつながります。知的欲求を満たせる点も、充実している理由に挙げられるでしょう。

好きな本から多くのことを学べ、より詳しく知りたいという欲求を読書は満たしてくれます。これらの理由から、1人時間が充実しているといえるのです。

もちろん、ここで紹介した特徴が、全ての読書好きな人に当てはまるわけではありません。しかし、一般的にこのような特徴があると考えられるでしょう。


本を読まない人との違いは?

本を読む人の特徴をご紹介しました。しかし、本を読まない人との違いはどのような点があるのでしょうか。

違いを理解すれば、より一層読書家の人の理解にもつながるでしょう。ここでは、本を読まない人との違いについてご紹介します。


■知識の量が多い

本を読む人は、読書を通して多くの知識を得られるため、一般的には本を読まない人と比べて知識の量は多いといえます。

さまざまなジャンルや情報に触れているため、特定のジャンルに偏ることなく、幅広く知識を得ているのです。

ただし、もちろん本を読まない人の中にも知識の量が多い人もいるため、一概にはいえません。

知識はさまざまな方法で得られ、読書だけでなく、実践や経験などからも習得できるためです。


■想像力が豊か

本を読む人は、読書を通して豊富なイメージや情景を見られるため、想像力が豊かなケースが多いです。

本には、多種多様な世界や人物が登場します。読書は、これらを頭の中でイメージして、想像しながら読み進めます。そのため、脳が刺激を受けて、想像力が鍛えられるのです。

特に、推理小説やSFなどは情報量が多く、想像力をかきたてられながら読み進めるケースも多いです。

本を読む人の魅力に気づいた人も多いでしょう。


本好きになる方法は?

本好きな人に魅力的な人が多いとご紹介しました。また、本を読まない人との違う点にも気づけて、ご自分でも本を好きになってみたいと思い始めた人はいるのではないでしょうか。

本好きになって、本が好きな人と一緒に語ったり、一緒の時間を過ごしたりしてみたいと思う人もいるでしょう。

そのためには、本好きになる必要があります。どのようにすれば、本好きになれるのでしょうか。


■毎日読書する習慣をつける

本好きになるためには、毎日読書する習慣をつけることが大切です。読書に慣れていない人は、まず続けることが大切です。

毎日少しでも良いので読みましょう。読書が続かない理由には、本が面白くないという理由も考えられます。

しかしそれ以外にも、最後まで読まないといけないとプレッシャーに感じてしまっているケースもあるのです。

数ページずつでも良いので、まずは毎日読書を続ける習慣をつけましょう。また、その際には読書によるメリットを思い浮かべると良いでしょう。

例えば読書を毎日続けることによって、脳の文字や言葉を理解する能力を向上させ、記憶力も向上します。

また、読書は自己啓発や知識の向上にもつながり、人間関係や社会に対する理解力も深まるでしょう。

さらに、読書に慣れてくるとストレス解消にも役立ち、心身ともにリラックスさせる効果にも期待できます。

このようなメリットを思い浮かべると、読書も非常に良いものと感じて、次第に毎日読めるようになって本が好きになる可能性が高くなるでしょう。

毎日読書をする習慣がつけば、立派な本好きさんの1人です。読書が好きになれば、読書が趣味の人との出会いを考えている人もいるでしょう。

真剣な出会いをお考えの際は、BOOK婚をご利用ください。BOOK婚は、読書が趣味の人が入会できる結婚相談所です。真面目に結婚を考えた出会いができます。



■読みやすい本から始めてみる

読みやすい本から始める方法も、本好きになる方法の1つです。初めての本を読むときには、ご自分に適した読みやすい本を選ぶようにしましょう。

そうすることで読書を楽しめ、読書への興味を持続させられます。また、読みやすい本を読むことで、自己の読書能力を高められます。

徐々に読書能力が高くなっていけば、さらに難しい本も読めるようになっていくでしょう。最終的には、本が好きになる可能性が高くなります。


■記録をつける

本好きになるには、読んだ本の記録をつける方法も有効です。日々の読書の記録を付けることで、読書の意義や効果を再認識できます。

これまで読んだ本の一覧を見られるため、どのようなジャンルの本を読んでいるかを把握できるでしょう。今まで気づかなかった好きな本の傾向などにも気づけるかもしれません。

また、ご自分が読んだ本の中で印象に残った本や、再読したい本を見つけられます。

さらに、読んだ本に対しての感想や考えを文章に書き留めておけるので、自己分析や自己改善につながります。新たなご自分の魅力をひきだせるかもしれません。

毎日少しでも繰り返し記録をつけ続けると、さまざまな効果を生んでくれるため、本が好きになる可能性が高くなります。

読書が好きになれば、読書好きな人との交流もしてみてはいかがでしょうか。BOOK婚では、読書が好きな人が集まる読書会などを開催しております。

また、プロのカウンセラーがご自分と共通点がある人をご紹介します。ぜひ本好きな人との出会いを楽しんでみてください。



月に何冊くらい読めば本好きといえるの?

月に何冊くらい読めば本好きといえるのか疑問に思っている人もいるでしょう。結論からいうと、明確な冊数は決まっていません

何冊読めば本が好きといえるかは人それぞれなのです。何冊読んでいるかよりも、大切なのは、楽しんで読書をしているかどうかです。

冊数は、楽しく読書を続けていれば、自然と増えていきます。そのため、何冊かにこだわるよりも、本を楽しく読めているかを重要視しましょう。

また、継続できているかも重要なポイントです。空き時間がある時は、気づけば本を手に取って読んでいるといった状態であれば、立派な本好きといえるでしょう。

読書の時間は、ご自分のライフスタイルによっても大きく変わります。そのため、読める冊数も変わるでしょう。

焦ることなく、ご自分のペースで、本が好きになるように継続して読み進めましょう。

少しでも読書を楽しめるようであれば、読書が趣味の人と交流してはいかがでしょうか。


本好きなら結婚相手も本が好きな人がおすすめ

ご自分が本好きであるならば、結婚相手も本が好きな人がおすすめです。本好き同士であれば、共通の話題で盛り上がれるでしょう。

時には、読み終わった本の感想などを語り合えるのではないでしょうか。また、このような共通の趣味によるコミュニケーションができれば、夫婦仲も良好で居られます。

趣味が異なると、ちょっとした価値観の違いから、理解できずに不和を生んでしまう可能性もあるでしょう。

特に、1人で読書の世界に没頭されたら、趣味を理解できない人からすると放っておかれたと感じてしまうものです。

しかし、趣味が同じ読書であれば、お互いの価値観を理解し合えます。趣味の時間を一緒に過ごすのも無理なく過ごせるでしょう。

このように、2人の仲を良好な関係で保てるため、結婚相手も本好きをおすすめします。とはいえ、望んだからといってすぐに本が好きな人と出会えるわけではありません。

読書が好きな人と真剣な出会いを考えているのであれば、BOOK婚をご利用ください。BOOK婚は、読書が趣味の人が入会できる結婚相談所です。

読書会などのイベントを開催しており、そこでは読書好きな人と交流を深めてもらえますので、ぜひご参加ください。


本好きの異性と出会いたいなら

本好きの異性と出合いたいのであれば、本好きな人が集まる場所を訪れてみましょう。代表的な場所としては、書店・図書館・ブックカフェなどがあります。

また、SNSやマッチングアプリなどで、読書が好きな人を見つけるという方法もあります。

しかし、いずれの場所も必ず出会いがあるとは限りません。

書店・図書館・ブックカフェは、読書が好きな人が集まる場所ではありますが、積極的に行動しなければ会話も難しいでしょう。

また、SNSやマッチングアプリは、上手く使うことで読書好きな人と出会うのは不可能ではありません。

しかし、真剣な出会い目的で異性と交流できるかは分かりません。真剣な恋愛や結婚を考えての出会いを求めるのであれば、結婚相談所がおすすめです。

中でもBOOK婚は、読書が趣味の人が入会できる結婚相談所です。そのため、真剣に結婚を考えている人が入会しており、より良い出会いを実現してもらえます。

ぜひ一度、ご利用ください。



本好きの異性と出会えるBOOK婚に相談してみよう

本好きな人の一般的な特徴や、ご自分が本好きになるにはどうしたら良いかをご紹介しました。

本好きになれれば、読書が好きな相手と一緒に楽しく過ごせるようになるでしょう。それは、将来的に見れば、良い夫婦関係を築けるポイントです。

同じ趣味であることで、お互いの価値観を理解できて、尊重し合えます。読書好きの異性との出会いを望んでいるのであれば、BOOK婚をご利用ください。

読書が趣味の人と、真剣な出会いを得られ、将来は良好な夫婦生活を送れるでしょう。

閲覧数:136回0件のコメント

Comentarios


bottom of page