top of page

結婚できないことに劣等感を持っている方へ|劣等感の原因・対処法・おすすめの婚活方法をご紹介します

更新日:2023年6月16日

普段は気にしていなくても友人や知人など周りから結婚の報告があったり、親や親戚から結婚を急かされたりすることで結婚できないことへ劣等感を抱く方はいるのではないでしょうか。

「結婚したいのにできない」「自分の何がいけないのだろう」と悩んでいませんか。結婚できないことは決して悪いことではありません。

この記事では結婚できないことから来る劣等感の原因・対処法・おすすめの婚活方法についてご紹介します。

とくに「結婚できないことへの劣等感をなくしたい!」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


結婚できないことに劣等感を持っている方へ

結婚は人生の中でも大きな節目となる体験です。ご自身が大切にされている方と結婚し家族になり新たなスタート切ることは、大変素敵で幸せを感じるときです。

しかし、友人など周りで次々と結婚し幸せな光景を目の当たりにすると、お祝いの気持ちのほかに劣等感を抱いてしまう方もいるでしょう。

「このまま1人ならどうしよう」「1人取り残されている感じがする」など、不安から劣等感を覚えることもあるでしょう。

しかし、結婚していないと幸せではないのでしょうか。趣味はもちろん、仕事・友達や家族との付き合い・旅行など、ご自身が満たされ「幸せ」と感じる瞬間は人それぞれあります。

周りと比べずその瞬間を大切にし、自分らしく過ごしていくことが大切ですよ。

どうしても劣等感を抱いてしまう方は、本を読んでみてはいかがでしょうか。本の世界に入ることで、現実から離れ辛い気持ちを和らげてくれます。

また本を読むことで学べたり新たな知識が身についたりと、ご自身にとってよい刺激を与えてくれるでしょう。


結婚できないことに劣等感を持つ原因は?

結婚できないときに抱く劣等感の原因はどのようなことがあるのでしょうか。

周りが結婚していたり親からのプレッシャーがあったりなど、人それぞれ原因はあります。原因を知ることで劣等感を抱かずに済むことに繋がります。

考えられる原因についてみていきましょう。


■周りの友人がみんな結婚している

「いつも集まっている友人が次々と結婚し、独身は自分だけ」という事態も少なくありません。集まっても家族や子供の話が中心となり話が噛み合わず疎外感を覚えたり、羨ましくも感じたりするでしょう。

また、友人たちはそれぞれ家庭があることで集まることも難しくなり、1人で過ごす時間が増える寂しさからも劣等感を覚えます。

周りと比べることで「自分は劣っている」と認識してしまい、たとえば「自分がこのような性格だから結婚できない」などと自分自身を責めてしまうでしょう。

しかし、周りと比べることで抱く劣等感はあなただけではなく誰しも経験したことがあるもの。あなたが悪いわけではありません。

「自然と起こる現象」と覚えておくと、劣等感を抱かずに済むでしょう。


■親からのプレッシャー

実家に住んでいる方や実家を出た方は帰省したときに、親から結婚に対する質問をされたことがある方もいるでしょう。

ご自身の中で結婚できないことに対する考えがある中で、親から結婚への催促があるとプレッシャーに感じてしまい自分を責めてしまう傾向にあります。

また親からの結婚に対する期待が高い場合、よりプレッシャーに感じてしまい結婚できない自分自身に落胆や失望を感じてしまうことも。

親は決して結婚できないあなたを責めているのではありません。ただ親心から来る心配な気持ちをあなたに届けたいのです。

また、親から結婚のことで伝えられたときに喧嘩になることもあるでしょう。その際に歪み合わずお互いの気持ちを尊重し考えを伝えることで、劣等感を抱かずに過ごせるでしょう。


■結婚適齢期といわれる年齢を過ぎている

一般的にみたとき男女ともに「結婚適齢期」というものがあります。人により考え方はさまざまですが、女性であれば妊娠のことも考えられ25〜34歳あたりと考える方が多いです。

働き方が多様化され一昔前に比べると結婚適齢期を意識しなくなりましたが、周りが同じくらいの歳で結婚するとやはり意識するものでしょう。

適齢期を過ぎてしまうと「結婚できない」「結婚できにくい」と考えてしまい、劣等感を覚えてしまうでしょう。

またご自身の中で人生のライフプランを考えており、結婚を考えていた年齢を過ぎてしまうと計画通りにいかなかったことに対して自分を責め劣等感を抱く原因にもなり得ます。

しかし、結婚適齢期と呼ばれているときはあっても年齢制限はありません。何歳で結婚するかは重要ではなく、お互い想い合い一緒に過ごしたい相手と結婚することが重要です。


■婚活が失敗続き

街コン・マッチングアプリ・結婚相談所など、婚活を行える環境はさまざまあります。ただしさまざまな環境はあっても、必ずしもうまくいくとは限りません

相手から交際を断られてしまったり、一緒に過ごしてみたら合わなかったりすることもあるでしょう。

あまりにも婚活がうまくいかないと「自分に問題があるのではないか」と考えるようになってしまい自己肯定感が下がり、結果として劣等感に繋がってしまいます。

また婚活の失敗が続くことで、将来に対する漠然とした不安を抱えてしまうでしょう。

しかし、婚活が失敗したからといって結婚できないということはありません。たまたま縁がなかったりタイミングが合わなかったりすることもあるのです。

婚活で自信をなくしてしまった…という方はBOOK婚へご相談ください。

BOOK婚は読書好きな人のための結婚相談所であり、婚活で自分らしさが出せずにお悩みの方のサポートもしております。

同じ趣味を持つ人同士、あなたにぴったりのお相手を探すお手伝いをさせていただきます。

「恋人ができて終わり」ではなく、プロポーズから婚約までを徹底的にサポートいたします。一緒に素敵な出会いを探しませんか。



劣等感の対処法は?

劣等感の原因を知ったところで対処法についてもみていきましょう。対処法が分からないままだと、劣等感を断ち切ることは難しいです。

劣等感の対処法について詳しくご紹介します。


■周りと自分を比べない

友人たちが次々と結婚しているのを目の当たりにすると、比べたいと考えなくても周りと自分を比べてしまうもの。比べることで「自分はなぜ結婚できないのだろう」と塞ぎ込み、暗い雰囲気を纏ってしまい自己嫌悪に陥ってしまいます。

周りと自分を比べてもそこから何か得るものは少ないでしょう。周りの友人たちにも、もちろんあなたにもよいところが多くあります。

周りと比べて自己嫌悪に陥っていることよりも、自分自身を大切にし自分らしく過ごしていきましょう。


■結婚しないと幸せになれないと思いこむのをやめる

結婚しないと幸せになれないかといったらそのようなことはありません。結婚していなくても幸せだと感じられ、素敵な毎日を送れます。

たとえばご自身に合った仕事に就いて毎日充実していたり、趣味にあてる時間が十分にあり充実した毎日を送っていたりと、人によって幸せだと感じるときはさまざまです。

結婚しないと幸せになれないと思いこんでしまうと、せっかく周りで素敵なことが起きていてもそれに気づかず通り過ぎてしまうでしょう。

1つのことに視野を集中せず、周りをよく見渡しご自身が幸せだと感じる瞬間を逃さないように日々過ごしていきましょう。


■自分のいいところに目を向ける

ご自身のよいところに目を向けることは、結婚できない劣等感への対処法になります。劣等感を抱いている間は自分のよくないところにばかりに目が行きがちとなり、自己肯定感を下げてしまうことにも繋がります。

自己肯定感が低いと何をするにも卑屈になり、ご自身にも周りにもよい影響を与えないでしょう。

自分のよいところに目を向け、ぜひ自分自身を褒めてください。どのような些細なことでも構いません。

よい所を見つけ褒めていくことを習慣化すると、次第に自己肯定感も上がり結婚できないことに対する劣等感も薄れていくでしょう。

本好きが多く集まるBOOK婚の無料カウンセリングでは、あなたのお話をじっくりと聞きあなたのよさを最大限に引き出します。

「自分のよいところが分からない・知りたい」という方は、ぜひお気軽にカウンセリングへお越しください。



結婚できないことに劣等感を持っている方におすすめの婚活方法は?

結婚できない劣等感の原因や対処法をみてきましたが、すぐに対処することは難しいもの。また、たとえ劣等感がなくなっても婚活でうまくいかないときが続くと、劣等感が芽生えてしまうことにも繋がります。

そのような中でもおすすめできる婚活方法についてみていきましょう。


■友人・知人からの紹介

「婚活をしている」と話すと、友人や知人から紹介されることもあるでしょう。

周りにいる友人や知人は自分と価値観が似ている部分があり居心地がよいもの。そしてその友人や知人の周りにいる方もご自身と似ている部分があるといえます。

また友人や知人が紹介してきた方は、あなたのことを考えて紹介していることもあり、その方に対する信頼性も高いと考えられるでしょう。

ただし、紹介されたから必ずしもうまくいくとは限らずご自身の頑張りも必要です。せっかくの縁を壊してしまわないよう大切にしていきましょう。


■結婚相談所

思い切ってプロの手を借りることも1つの方法です。結婚に向けて自身の条件と見合う方を紹介されるので、婚活でうまくいかず悩んだりストレスに感じたりすることは少ないでしょう。

また婚活において悩みがある場合、結婚相談所にはカウンセラーが在籍していることが多いため親身になって話を聞いてもらったりアドバイスを受けたりできますよ。


劣等感を克服して結婚に近づくには?

ここまで結婚できない劣等感についてみてきましたが、劣等感を克服し結婚に近づくためには何をしたらよいのでしょうか。

やはり自分自身を見つめ直し自己肯定感を上げることが重要となってきます。ぜひ以下の内容を参考にし、劣等感を克服し結婚に近づきましょう。


■何事も前向きに考えてみる

婚活においてうまくいかないことがあっても落ち込んだり劣等感を持ったりするのではなく、前向きに考えるようシフトしていきましょう。

たとえば性格があまり合っていない方とお付き合いを続けていると、相手に合わせ無理をしていることになります。仮にその相手から別れを告げられたとき、劣等感を抱く必要はありません。

むしろありのままの自分でいられず、そのままお付き合いしていくことの方が心身ともによくない影響を与えます。「相手に合わせ無理をしてもうまくいかない」などと学べたと考え、次へ進みましょう。

何事も前向きに考えることで、気分も明るくなり自分でも気がつかない内に素敵な雰囲気を纏っているでしょう。


■自分を磨く

自分を磨くことは劣等感を克服し結婚へ近づく一歩ですが、ご自身のためにも重要なことです。自分を磨くことで自己肯定感が高まり、よいところも見つけやすくなるでしょう。

自分を磨くことは気がつかない内に素敵な雰囲気を纏っており、周りを魅了するでしょう。

ぜひ外見や内面問わずよいところを伸ばし、さらに魅力的になりよい出会いを見つけてくださいね。


■思い切って行動を起こす

よい出会いを待っているだけでは結婚には結びつきません。ときに思い切って行動を起こすことも重要です。

出会いが多い婚活パーティーや街コンなどに参加してみてはいかがでしょうか。たとえその場でよい出会いがなくても、そのとき知り合った方の知り合いから紹介されることもあり得ます。

また思い切って行動を起こすことで自分に自信がつき、劣等感が克服され前向きに進めるでしょう。


早く結婚をしたいなら結婚相談所がおすすめ

婚活を円滑に進めたいのであれば結婚相談所がおすすめです。プロがあなたに寄り添って結婚まで導いてくれるでしょう。

悩みがあるのならアドバイスを受けられ、結婚できない劣等感を抱きにくいでしょう。

本好きの本好きによる結婚相談所であるBOOK婚でも、さまざまなアドバイスを行っております。何かご相談があるのなら、週1回のオンラインでご相談が可能です。

お1人で悩まずに、ぜひBOOK婚をご活用してみてください。


結婚できない劣等感に押しつぶされそうなら

結婚できないことに対して劣等感を覚えることは、誰にでも経験があることでしょう。しかし結婚が全てではなく、結婚できないから幸せではないことはありません。

婚活がうまくいかなくても自分自身を下げず、前向きに行動していきましょう。

ただしどうしても結婚できないことへの劣等感を抱いてしまうのなら、BOOK婚に相談してみてはいかがですか。

スタッフがあなたにとっての唯一無二のパートナーとなり、お悩みに寄り添ってアドバイスさせていただきます。

無料カウンセリングも実施しているため、ぜひ一度ご相談してみてくださいね。



本好きの人のための結婚相談所「BOOK婚」に相談してみよう

BOOK婚は本好きの方のための結婚相談所です。「本が好きでなければいけないのか」と考えるかもしれませんが、本好きのお相手のことをご理解いただけるのであれば本好きでなくても構いません。

また、本を読むことは知識が身についたりご自身の考えが整理できたりと、自分を磨くことにも繋がりよいことが多いです。

ぜひ本を通して本好きなお相手と出会い、よい縁を育んでみませんか。


閲覧数:11回0件のコメント

Kommentarer


bottom of page