top of page

読書好きの仲間はどうやって見つける?仲間探しのポイントや方法・結婚相談所の利用について紹介します

更新日:2023年6月15日

読書好きの仲間を見つけるためには、図書館や書店でのイベントや、読書会やオンラインコミュニティなど読書に関するイベントやフェアに参加することがおすすめです。

それ以外にも読書に関する活動をする団体やクラブに参加したり、マッチングアプリなどのSNSを活用したり、様々な方法があります。

友人・家族・同僚たちとの会話の中で、読書について話すことで、読書好きの仲間を見つけることができるかもしれません。

ぜひいろいろな方法を試してみて、自分に合った読書仲間を見つけてみてくださいね。


読書好きの仲間はどうやって見つけるのが良い?

日本では書店や図書館、大学や専門学校の学生協会などで、読書会や本のディスカッション会が開催されています。

またオフラインイベントだけではなく、SNSやオンラインコミュニティを利用することで、仲良くなる人たちも増えています。

例えばTwitter・Facebook・GoodreadsなどのSNSは、読書に関するハッシュタグを検索して、読書が好きな人たちが集まっているコミュニティを見つけることができます。

同じ趣味のつながりから、オフ会などのイベントを通じて仲良くなることも多いようです。


読書好きの仲間を見つけるときのポイント

読書好きの仲間を見つける方法は、多岐に渡ります。

  • インターネットやSNSを利用して、読書が好きな人たちが集まっているコミュニティやグループを見つける

  • 自分が興味を持つジャンルやテーマに関するイベントやカフェ会、近所や地域で開催されている読書会や本のディスカッション会に参加する

  • 自分が興味を持つ本を持ち寄って、それを共有することで、同じ趣味を持つ人たちと出会う

  • 大学や専門学校の学生協会や書店で開催されている読書会や本のディスカッション会に参加する

  • ブッククラブを開くことで、読書が好きな仲間を見つける

  • ボランティア活動や趣味のグループで、同じ趣味を持つ人たちと出会う

上記のようにインターネットやSNSなどのオンラインや、オフラインイベントやアクティビティを利用することで、読書が好きな仲間を見つけるポイントです。


■好きなジャンルの相性は良いか

読書好きの仲間を見つけるときに、好きなジャンルの相性は非常に重要です。

共通の趣味を持つ読書仲間と一緒に読書を楽しむことで、より深い理解や感性で楽しめるでしょう。

そのためには自分の好きなジャンルを明確にしておくことが大切です。どのようなジャンルが自分に合うかを考えて、そのジャンルに特化したイベントやコミュニティに参加すると良いでしょう。

また自分が持っている読書に関する情報や知識を活用して、自分の考えを発信することで、共通の趣味を持つ読書仲間との出会いを広げることもできます。

読書を通じて自分の考えや感性を磨くことで自分自身も成長していきますので、好きなジャンルの相性を考慮することは、自分自身の成長にもつながります。


■お互いに本の魅力を共有できる

読書好きの仲間を見つけるには、まずは自分が好きな本や、最近読んで感じたことを話すのが良いでしょう。

本についてのグループやイベントに参加するのも良い方法です。本を通じて共有できるものはたくさんありますので、自分が興味を持っているテーマやジャンルを中心に探すのも良いでしょう。

また本を通じて旅行や食べ歩きのプランを立てたり、映画やテレビ番組を観たりすることで、本についてさらに深めることができます。

本を通じて楽しむこともできるだけでなく、新しい発見や刺激を得ることができるでしょう。


■相手の意見をきちんと聞く

読書好きの仲間を見つけるときには、相手の意見を真剣に聞くことが大切です。

相手が本を読んでいるときや、本について話しているときには自分の考えや意見を押し付けずに、相手の話を真剣に聞いて理解を深めるよう心がけましょう。

そのためには相手が話している内容をよく理解することが大切です。

もし理解できない部分がある場合は、「もう一度言ってもらえますか?」「ちょっとわかりにくかったのですが、もう少し詳しく教えてもらえますか?」と相手に質問をすることで、より深い理解を深めることができます。

相手の意見を真剣に聞くことで、相手との信頼関係を築くことができるでしょう。


読書好きの仲間を見つける方法は様々

読書好きの仲間を見つける方法として、まずは自分が好きな本や最近読んで感じたことを共有することから始めるのが良いでしょう。

本についてのコミュニティやイベントに参加するのもおすすめです。

これらのコミュニティやイベントは、書店や図書館で開催されることもありますし、オンラインでも開催されることがあります。

SNSやオンラインのコミュニティで本についてのディスカッションをするのも良いですよ。


■読書会に参加する

読書会に参加することは、読書好きの仲間を見つけるための有効な方法です。

読書会には、様々なタイプのグループがあります。自分の好きな本や興味のあるテーマについて、同じように考えている人たちと一緒に本を読んで会話を楽しむことができます。

様々な年齢層や職業の人が参加するので、自分が興味を持つ本を読んでいる人を見つけることができるでしょう。

読書会に参加するには、まずは近所や地域で開催されている読書会を探してみることから始めましょう。

インターネットや新聞、ライブラリーなどで、読書会の情報を探してみてください。

読書会に参加することで読書好きの仲間を見つけるだけでなく、自分の読書スキルも向上させることができます。

BOOK婚は日本結婚相談所連盟に加入している結婚相談所です。「本」を使って「自己分析」をしながら自分を見つめる経験ができることを強みとしており、本好きのスタッフによる本を用いたカウンセリングは好評をいただいています。



■マッチングアプリの利用

読書好きの仲間を見つけるために、マッチングアプリを利用する方法もおすすめです。

読書に特化したマッチングアプリもありますので、これらのアプリを利用することで読書好きの仲間を見つけることができます。

読書に特化したマッチングアプリであれば、本やジャンルで検索ができる機能を持っていることが多いです。

マッチングした人とはアプリ内でやり取りをすることができますので、いきなり個人情報を教える必要もないので安心です。

アプリ内でやり取りをすることで、本についての話や、読書についての会話を楽しんでくださいね。

マッチングアプリを利用することで、自分と似た趣味を持つ人や、似た目的を持つ人と出会うことができるので、本を通じて気の合う人を探してみてください。


■SNSの活用

SNSを使って読書好きの仲間を見つける方法として、以下があります。

  • ハッシュタグを使って読書に関する投稿を検索し、興味を持たれる投稿やアカウントをフォローする。

  • 読書に特化したSNSサイトやアプリを使う。(GoodreadsやBookLikesなど)

  • 読書会や本のディスカッション会をSNSで告知して開催する。

  • 読んだ本や感想を投稿することで、他の読書好きとの交流や、同じ趣味を持つ人と繋がることができる。

  • 読書に関するコミュニティやグループを探す。

SNS上には、読書に特化したコミュニティやグループがたくさんありますので、それらに参加することで、同じ趣味を持つ人と繋がることができます。

SNSで現実世界での交流を活用することで、読書好きの仲間を見つけることができるでしょう。


■ブックカフェに通う

ブックカフェは、本を読んで楽しむことができるカフェのことです。

ブックカフェは読書が好きな人たちが集まる場所であり、読書を楽しむ仲間を見つけることができるでしょう。

ブックカフェの場所を探すにはインターネットで検索するか、地元のカフェや書店で情報を調べることができます。

喫茶店やカフェのガイドブックを探してみるのもおすすめです。

ブックカフェでは、定期的に読書会が開かれることもあります。読書会に参加することで、読書が好きな人たちとの交流を深めることができます。


読書好きの異性の仲間が交際相手に発展することも!

読書好きの異性の仲間が交際相手に発展することもあります。本を通じて、自分たちが共通して興味を持つことがあるため、本について話し合うことで親密な関係を築くことができるでしょう。

また本を通じて、自分たちが共通して楽しめるアクティビティを見つけることもできます。例えば本に出てくる場所を実際に訪れたり、本をモチーフにした料理を作ったりすることができます。

これらのアクティビティを通じて、交流関係を深めても楽しめるかもしれません。

そして本を通じて自分たちが共通して持つ哲学や考え方を学ぶことで、より理解を深めることができます。

ただしお互いの共通点が本好きだけでは長期的な関係を築くことは難しいため注意が必要です。

共通の趣味を持っている人とは話も合うので仲良くなりやすいですが、交際に発展した時に生活に必要な価値観が合うか見極めるのも重要なポイントです。


読書好きの異性を見つけたいなら結婚相談所の利用がおすすめ

結婚相談所は婚姻を目指す人たちが、婚活や交際をするための場です。特に読書が好きであることを共通点として、読書好きの異性を見つけることができるでしょう。

結婚相談所ではカウンセラーや専門スタッフがいるので相手を探すことや、出会いのチャンスを増やすためのアドバイスをもらうことができます。

また様々なイベントやワークショップが開催されており、出会いのチャンスを増やすことができるでしょう。

さらに結婚相談所ではマッチングサービスを提供しているものもあります。マッチングサービスを利用することで、自分に合った相手を探すことができます。

BOOK婚は本好きのための結婚相談所です。ブックホテルの支配人もしているスタッフも本が好きなので、1人1人に合った本の提案だけではなく、相談者の方の魅力を引き出すことも強みとしています。



結婚相談所選びにも注意しよう

結婚相談所を選ぶ際には、まずは自分たちが望むサービスや、希望するコンサルタントの資格や経験を確認することが大切です。

結婚相談所を選ぶ際には、口コミや評判を参考にしてみることをおすすめします。口コミや評判を参考にすることで、他のカップルがどのような経験をしたかを知ることができるので利用後のイメージがつきやすいでしょう。

また費用や支払い方法も確認することが大切です。費用に手が届く範囲内であることや、支払い方法が自分たちに合っていることを確認することで、後々トラブルを回避することができます。


■読書好きの登録者が多いかどうか

結婚相談所を選ぶ際には自分が求めるパートナー像・希望するサービス内容・読書好きの登録者が多いかどうかも重要なポイントの1つです。

まずは自分が求めるパートナー像を明確にすることが大切です。普段から読書が好きであるということは、お互いに趣味や興味を共有できる可能性を持っています。

そのため読書好きを求める場合は、読書好きが多い結婚相談所を選ぶことで、より自分に合ったパートナーを見つけることができるかもしれません。

さらに結婚相談所によっては、読書会や本をテーマにしたイベントを開催しているものもあります。

このようなイベントに参加することで、自分と同じ趣味を持つパートナーとの出会いもあります。

結婚相談所によっては、サービス内容が異なるため、自分が求めるサービス内容を確認してから選んでくださいね。


■読書に関連するイベントがあるか

結婚相談所を選ぶ際には自分が求めるパートナー像や、希望するサービス内容を考慮することが大切です。

その中でも読書に関連するイベントがあるかどうかも重要なポイントの1つです。

読書に関連するイベントに参加することで、自分と同じ趣味を持つパートナーとの出会いもあるかもしれません。

ただし読書に関連するイベントがあるかどうかだけでは、結婚相談所を決めるのは難しいです。

結婚相談所によってはサービス内容が異なるため、自分が求めるサービス内容を確認してから選ぶことも重要です。


■本好きが集まる結婚相談所もある

結婚相手に共通の趣味の本が好きであることを求める場合は、自分に合った結婚相談所を選ぶことが大切です。本好きが集まる結婚相談所もあります。

本好きが集まる結婚相談所では、本をテーマにしたイベントや読書会などが開催されることもあります。このようなイベントに参加することで、自分と同じ趣味を持つパートナーとの出会いもあります。

BOOK婚は本好きが集まる結婚相談所です。定期的にオンラインやオフラインでの読書会のイベントも開催しており、たくさんの本好きと出会うきっかけを作り出しています。

実際に本好き同士で結婚した人たちからは、共通の趣味を持つ相手は、結婚後の生活のギャップも少ないという嬉しいお声もいただきました。


読書好きの仲間・交際相手を探すならこちら

読書好きの仲間や交際相手を探すならBOOK婚のご利用がおすすめです。

BOOK婚は本好きだけが入会できる日本結婚相談所連盟に加入している結婚相談所です。入会には独身証明書が必要なので、安心してご利用いただけます。

定期的にオンラインやオフラインでの読書会のイベントも開催しており、たくさんの本好きと出会うきっかけを作り出しています。

相性の良い人を探したり、お相手との連絡やお見合いの日程調整はBOOK婚にお任せいただけるので、忙しい方にもぴったりです。また週1回の恋愛カウンセリングや公式LINEでお見合いやデートのアドバイスもしております。

BOOK婚のことをもっと詳しく聞きたい人は、無料カウンセリングをご利用ください。



読書好きの仲間を作って語り合おう

読書好きの仲間を作って語り合うことで、読書をより楽しむことができます。近くにある読書会やブッククラブに参加することで、読書が好きな人たちとの交流を深めることができるでしょう。

読書をより楽しむために、読書を楽しむ仲間を作ってみてください。

BOOK婚は本好きのスタッフが運営する、本好きのための結婚相談所です。真面目な方が多く、知的な出会いが期待できるでしょう。


閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page