top of page

HSPは結婚に向いていないって本当?幸せな結婚生活を送るポイントやおすすめの婚活方法・読書好きにおすすめの結婚相談所もご紹介します

更新日:2023年6月16日

異性との関わりで疲れ切ってしまう人は、HSP気質の持ち主かもしれません。

HSPとは、生まれつき敏感な感受性を備えた人のことで、他の人よりも繊細で傷つきやすいという特徴があります。

恋愛においても、相手の顔色をうかがいすぎて疲れてしまったり、相手の些細な表情の変化が気になってしまったりする人も多いです。

また、他人と生活することに対して不安を抱えている人も多く、「自分は結婚に向いていない気がする…」と落ち込んでしまうことも。

しかし、HSPだから幸せな結婚生活が送れないということはありません。今回は、HSPの人が幸せな結婚生活を送るポイントやおすすめの婚活方法をご紹介します。

読書が好きなHSPの人は、読書好きにおすすめの結婚相談所「BOOK婚」もおすすめです。


HSPとは

HSPとは、「Highly Sensitive Person」の略です。つまり、生まれつきとても敏感な人のことです。

HSPは、他人や環境からの刺激やストレスに対して、より強く影響を受ける傾向があります。

例えば、他の人が気にならないような音・光・色・味・におい・触感などにも敏感に反応します。

具体的には、人の気配・暗い部屋・騒がしい場所などが苦手である人が多いです。また、敏感に反応してしまうがゆえに、ストレスを感じやすいという特徴もあります。

しかし、このようなタイプの人でも、ストレスや刺激を減らすための対策を取ることで人とうまく関わっていくことは可能です。

BOOK婚では、「一人で本を読むのが何よりも落ち着く」というHSP気質の人でも、結婚相手が見つけられるようにお手伝いいたします。


HSPは結婚に向いていないって本当?

HSPの人は、対人関係でストレスを感じやすく、コミュニケーションが必要な場面で苦労することがあります。ただし、これはHSPが結婚に向いていないというわけではありません。

例えば、HSPの人がパートナーとコミュニケーションをする際には、相手の感情を敏感に察知できるという利点もあります。

美的センスや芸術性にも秀でていることが多いため、相性の合う相手となら結婚生活においても豊かな感性を持って楽しめるでしょう。

しかし、HSPの人にとって結婚生活でストレスを感じやすい場面もあります。それは以下の3つの場面です。


■共同生活がストレスになる

HSPの人は、刺激やストレスが多い環境に長くいることが苦手な場合があります。そのため、他人との共同生活がストレスになることもあるでしょう。

例えば、テレビの音量が相手と合わない場合や部屋が散らかっている場合などです。他にも、睡眠中に他の人の気配・音・寝返りによる振動などを感じて寝付けなくなってしまうこともあります。

そのため、HSPの人にとってはライフスタイルに関する意見が合う人を選ぶ必要があるでしょう。例えば、結婚しても寝室は別にする・一人の時間を大切にするなどです。

HSPの人は、お互いが心地よく過ごせる環境を整えることが重要です。


■相手の家族との付き合いがストレスになる

HSPの人は、感受性が高いため、周囲の環境や人々の行動に強く影響を受けます。そのため、相手の家族との関わりもストレスになりがちです。

例えば、結婚する相手が同居を望んでいる場合、HSP気質の人には向かないかもしれません。

また、同居をせずとも、頻繁に家族の集まりに出席しなければならない場合にもストレスとなるでしょう。

もちろん、相手の家族との関わりが大切なことはいうまでもありませんが、あなた自身を大切にできるような結婚が理想的です。


■子育てがストレスになる

HSPの人には、環境の変化や音などが強い刺激として感じられます。そのため、子育てにおいても、ストレスを感じやすくなる可能性が高いです。

例えば、赤ちゃんの泣き声・子どもの騒ぎ声・おもちゃの音などです。また、子育てが忙しく、自分の時間やペースが乱されることもストレスの原因となるでしょう。

だからといって子どもと生活できないわけではありませんが、パートナーの理解が必要不可欠だといえます。

お互いの特性を理解しながら、協力し合える関係を築くことが大切です。


HSPさんには一人の時間が大切

HSPの人は、日頃から多くのことを感じ取り、常にストレスにさらされた状態になりがちです。そのため、通常よりも疲れやすくなる傾向にあります。

また、HSPの人は、無意識のうちに様々な刺激を感じ取って対処しているため、自分の知らないうちにストレスレベルが高くなっていることもあるでしょう。

例えば、「機嫌が悪そうな人がいると、場を和ませようと気を使ってしまう」・「本当はしたくないのに、頼まれると断れない」などです。

しかし、自分の心に嘘をついた状態では、本当に気の合う相手と出会うことはできません。まずはあなたが自分の心に正直に生きることが大切です。

傷つきやすい自分を受け入れ、そのような自分を包み込んでくれる相手をBOOK婚で見つけてみませんか?

BOOK婚では本が好きな人同士の出会いをサポートしています。

同じ趣味を持つ人同士のため、互いの価値観も大切にできる人と出会えることでしょう。

BOOK婚では無料カウンセリングも実施しているため、お気軽にご利用ください。



HSPが幸せな結婚生活を送るためには

HSPであることを打ち明けるのには勇気がいるかもしれません。しかし、自分の特性を相手に知ってもらうことで、相手との関係が深まることもあります。ここでは、HSPの人が幸せな結婚生活を送るために必要な5つのポイントをお伝えします。


■特性を理解してもらう

HSPの人が幸せな結婚生活を送るためには、自分の特性を理解してもらうことが必要です。

HSPという気質について知らない人の場合、一人の時間を大切にしたいという価値観を理解してもらえない可能性もあるからです。

例えば、HSPが原因で寝付けないことで寝室を別にすることを提案したとしましょう。しかし、相手によっては「愛情がないのかも…」と判断されてしまうこともあります。

そのため、自分の特性を説明し、理解してもらうプロセスが重要です。しっかりと説明することで、お互いにとって良好な関係が築けるでしょう。


■一人で抱え込まない

HSPの人は、自分の不安を自分一人で抱え込みやすい傾向があります。

自分の不安や疑問を相手に伝えることで、相手に不快な思いをさせるかもしれない…という気持ちが強いのです。しかし、自分一人で悩みを抱え込むのは避けましょう。

HSPとうまく付き合うための対処法はあります。あなたに合った理想の相手を見つけ、お互いに対する理解を深めていきましょう。


■深く考えすぎない

HSPの人たちは、自分自身の感情や考えに対して、深く考え込むことが多いです。そしてそれにより、自分自身を追い詰め、ストレスを大きくしてしまいます。

例えば、相手の表情が暗い時、HSPの人は自分が相手を傷つけたかもしれないと感じます。しかし、実際には、仕事がうまくいかずに悩んでいるだけのこともあるでしょう。

そのため、深く考えすぎないように意識することも大切です。そのように心がける訓練を続けていると、次第に相手の表情に振り回される機会も減っていくでしょう。


■気持ちを言葉で伝える

HSPの人は相手の反応を気にするあまり、自分の気持ちを自分の中に溜め込んでしまうことが多いです。

また、それが原因で相手とのコミュニケーションがうまくとれず、関係が発展しないこともあるでしょう。

例えば、「どうせ言っても意味がない」と諦めたことはありませんか?「自分が我慢すればいい」と相手に合わせることもあるかもしれません。

しかし、恋愛において、自分の気持ちを伝えることは重要です。まずは、自分の気持ちを言葉で伝える練習をすることを意識してみてください。

直接伝えるのが難しければ、メッセージや手紙で伝えるのも良いでしょう。あなたが本音を伝えられるようになった時、真の信頼関係が構築できます。


■適度な距離感を保つ

HSPが幸せな結婚生活を送るためには、適度な距離感を保つことも大切です。HSPの人たちは、相手の影響を受けやすいので、一緒にいる時間が長すぎたり、距離が近すぎたりすることにストレスを感じます。

例えば、毎週末デートするのはつらい・ベタベタするのが苦手などです。しかし、これらはHSPの人に限ったことではありません。誰しもパーソナルスペースには違いがあります。

そのため、お互いが居心地よく過ごせる距離感を保つことも重要です。

しかしながら、デートを断るのは気が引ける…という人は、BOOK婚のカウンセラーにご相談ください。

あなたと気の合う相手とのマッチングや相手を傷つけずにデートを断る方法についてアドバイスいたします。



HSPの婚活は自分のペースで進めよう

HSPの人が婚活を成功させるためには、自分のペースで進めることが重要です。

具体的には、ストレスや不安を軽減するために、婚活のスケジュールや方法を調整することが必要でしょう。また、事前に自分が求める条件や条件を伝えることも重要です。

そして、自分のペースで進めるためにも、自分自身を大切にすることを心がけましょう。 婚活を自分のペースで進められれば、自ずと理想の結婚が近づきます。ここでは、自分のペースで行える婚活方法をみていきましょう。


■SNS

SNSは、HSPの人たちが自分自身を追い詰めずに、婚活を行える場の一つです。結婚相手との接触はオンラインで行われるため、比較的安心して接することが可能です。

ただし、SNS上での出会いは、現実とは異なる点が多いというデメリットがあります。実際に会ってみたら想像していたタイプではなかった…ということも考えられます。

また、SNSを通して出会う場合には、犯罪などのトラブルにも注意が必要です。


■マッチングアプリ

マッチングアプリは、プロフィールを通して、自分が求める条件に合った相手を見つけることが可能です。

例えば、年齢・職業・住んでいる地域などを指定して検索でき、プロフィールや写真を見て、自分に合った相手を選べます。

ただし、HSPの人はマッチングアプリでもストレスを感じやすいことがあります。 例えば、相手から返信が来ないなどです。

人によっては、それにより仕事が手につかない状況に陥ってしまうかもしれません。


■結婚相談所

結婚相談所は専門のカウンセラーがいるので、繊細なHSPの人には最適です。例え自分の気持ちを伝えることが苦手な人でも、言葉で表現するためのレッスンを積んでいきましょう。

また、結婚相談所では特性に合わせたマッチングも可能です。なかなか自分に合う相手が見つからないという人は、利用することをおすすめします。


読書好きのHSPさんにおすすめの結婚相談所「BOOK婚」

「BOOK婚」は、読書を通じて、結婚相手との共通の話題を見つけられる結婚相談所です。例えば、「本を読んでいる時間は邪魔されたくない」というひともいるでしょう。

そのような人には、同じような考えの人をマッチングいたします。

また、BOOK婚では読書会も開催しています。異性と関わると疲れる・異性と関わる自信がないという人も、読書を通して楽しく関わることを体験してみてはいかがでしょうか。

対面での読書会に不安がある人は、オンライン読書会もご活用ください。

焦らず自分のペースで結婚相手を見つけられるサポートをさせていただきます。



読書好き同士なら一人の時間も大切にできる

HSPの人の中には、一人の時間がないと息苦しくなってしまう人も多いでしょう。

しかし、読書好き同士なら「一人で本を読む時間を大切にしたい」と考える人は少なくありません。そのため、適度な距離感を保ちながら相手との関係を深めることが可能です。

また、読書好きといっても、漫画好きな人・ビジネス本好きな人・時代小説好きな人など様々です。

一人一人の読書時間を大切にしながらも、お互いに意見交換ができると楽しいですよね。

BOOK婚では、そのような希望に合わせて最適な相手とのマッチングを提案いたします。

BOOK婚で理想の結婚相手を見つけてみませんか?


HSPの結婚は価値観が合う相手を見つけよう

感受性豊かで様々な刺激を受け取れるHPSの人は、相手の心の動きに敏感に反応できる特性をもっています。

相手を傷つけたくないという優しい心の持ち主でもあります。その一方、とても傷つきやすくストレスを感じやすい傾向にあります。

そのため、HSPの人は、相手だけでなく自分を大切にすることも心がけてみてくださいね。ライフスタイルや価値観が合う相手を見つけることが幸せな結婚生活に繋がるでしょう。

閲覧数:3,225回0件のコメント

Comments


bottom of page