top of page

男性は婚活を何歳から始めるのがいい?ベストな開始時期や結婚相談所の利用年齢層を解説

パートナーと一緒に過ごし夢をかなえるという結婚は人生の大きなイベントです。


では、男性は婚活を何歳から始めるのがよいのでしょうか。また、ベストな開始時期や結婚相談所はどこを利用したらよいのだろうか、このような悩みをお持ちの人も多いのではないでしょうか。


この記事ではこのような悩みを解決する婚活の適齢期について説明します。


是非、婚活のスタートを切る際の参考にして下さい。


男性は婚活を何歳から始めるのがいい?

日本人男性の平均初婚年齢は厚生労働省のデータでは令和4年で31.0歳です

この数値からいうと、30代前半までには婚活を始めるのがよいといえます。


婚活のベストな開始時期

婚活をしている方の年齢層で一番多いのはどこでしょうか。男性の初婚の平均年齢が31歳なので、現在婚活をしている年齢層で一番多いのは、20代半ばから30代後半の方です。


理由としては、この年齢層なら比較的簡単に結婚できると思っている人が多い傾向にあります。


そのため相手が見つかれば、気軽に婚活を始められるケースが多いと考えている人が多いからです。


20代半ばから30代後半になると仕事も充実し責任を持たされるようになり、収入が安定してくることも考えられます。


■20代後半から検討し始めるのがおすすめ

20代の婚活は、30代から始めるのとでは大きく異なります。精神的な理由や将来設計の面で説明します。


20代からでの婚活ですと交際相手との友人関係の感覚が大きく、結婚はまだと考える場合が多いのです。通常の恋愛感覚で交際している人が多いのが現実です。そのため、失敗してもよいという感覚で付き合えるので、ゆとりを持って交際ができます。


相手に合わせて結婚観を変えていけることも20代の良さです。考え方に柔軟性があるので、相手との相性が合わなくても諦めず、自分から性格を変えようと心がけます。


20代から婚活をして順調に結婚に進んだ場合、将来設計がしやすいといえます。例えば、子どもを作るタイミングや、30代からのライフスタイルを設計することができるのです。


■実際に婚活は30代前半から行う男性が多い

男性の30代といえば、仕事が軌道に乗り、気持ち的にも金銭的にもゆとりが出て結婚に踏み出す人が増える年齢です。また、周りの知人も結婚する人が増えプレッシャーが始まる年齢でもあります。つまり結婚適齢期といえるでしょう。


ただ、今の時期を逃すとその先は結婚のチャンスが徐々に減っていくのが現実です。一番結婚するチャンスが多い年代ともいえます。


30代の時点で、日常生活のなかに女性と出会えるチャンスがあまりない場合は、この先困らないよう今から婚活を始めたほうがよいでしょう。結婚適齢期である30代の男性であれば、どの婚活方法でもチャンスがあります。


BOOK婚は読書好きのための結婚相談所です。恋愛のサポートやお悩みについてご相談ください。読書好き・独身が入会条件のため安心してご利用いただけます。

読書男子との恋愛をサポートしますので、あなたに合う読書男子がきっとみつかるでしょう。お気軽にご利用ください。



結婚相談所の利用年齢層は?

結婚相談所へは20代から70代まで幅広い年齢層の方が登録されています。年齢層は男女ともに36から45歳が多いです。 性別で見ると、女性は30歳という節目の年齢を契機に入会される方が増えています。


このため、結婚相談所を活動的に利用している人は30代が多くなるのです。20代から30代前半で全体の約40%を占めるといわれています。

男性の場合は、20から30代前半は全体の約20%と女性より少ない傾向にあります。この年齢層は、入社したばかりで仕事を覚える時期なので忙しいのかもしれません。


一方、仕事でも充実し収入が安定してくる36から45歳は全体の約50%です。46歳以降の登録者も女性より男性の方が多く、男性が70代で登録されたというケースもあるようです。


■男性は30代後半から40代が多め

男性の結婚願望が高まるのは収入によるところが大きいといわれています。入社したばかりで年収が少ない20代から30代前半よりも、仕事をバリバリこなしている36から45歳の登録者が多いのが特徴です。


また、46歳以降に登録される方は、定年後を視野に入れた婚活をスタートさせる場合が多いといえます。


■女性は30代が多い

20代と比べて結婚に対する価値観が変わり、本格的に婚活を始める30代の方が多いです。

これは、女性の出産適齢期に影響されています。女性は30代での出産を希望されますのでそれまでに結婚したい願望があります。


また、30代の女性であれば、自分の年齢に対して引け目を感じずに婚活をしていける可能性が高いのです。


日本人の初婚年齢は何歳くらい?

経済上の不安定・世の中の考え方の変化など、さまざまな原因によって、日本では晩婚化・高齢出産化が進んでいます。


では、日本人の初婚年齢は何歳ぐらいでしょうか。


■男性の場合

令和4年では平均31.0歳となっています。男性は仕事でもプライベートでも生活が安定する年齢に結婚する傾向があります。


この年齢はあくまでも平均なので初婚はこの年齢前後が一番多いと断言できるわけではありません。10代で結婚をしている人もいれば、70代で結婚している人もいるでしょう。


■女性の場合

女性は29.5歳です。ひと昔前は24歳が女性の結婚年齢でしたが、ライフスタイルの多様化が進んでおり、結婚に対する考え方も変わってきています。


BOOK婚は本好きの方に特化した結婚相談所です。本好き・独身が入会条件で、本を大切にできる本好きの異性と出会えます。

なかなか素敵な出会いがないと悩んでいる人は、一度ご相談ください。



男性の年代別におすすめの婚活の進め方

婚活といっても年代によって攻め方が異なってきます。若さが取り柄の20代と、人生経験豊富な50代では価値観が違うのは当然です。


ここでは、年代別の婚活について説明します。


■20代男性の場合

20代男性はなんといっても若さを強調できる年齢層です。この年齢層のよいところは婚活市場で人気のある同世代や数年年下の女性が相手になるところです。


仕事のキャリア面や、収入面では30代・40代男性に及ばない部分もありますが若さという最大のメリットがあります。


若いことから本気で結婚を考えているのだろうかと、疑問視される面もあるので真剣であること・将来性をアピールすることで相手に好印象を与えるでしょう。


■30代男性の場合

30代は、仕事面でのキャリアや誠実さは非常に効果的なアピールポイントです。

女性としては、高収入でも多忙で経済的に不安定な男性よりも安定した収入で家庭をしっかり守ってくれる男性に好意をいだきます。


女性は高年収男性を求める反面、遊んでいるのでは・仕事が忙しいと家庭は二の次にならないか・共働きでも大丈夫かと不安を抱くことがあります。


そこで、仕事の話をするときは「今の仕事に◯◯年勤めている」・「将来はXXすることが夢だ」と安心感や目標をアピールするようにしましょう。女性は、家庭を守ってくれることを重要視するのです。


30代になると「結婚したら家事を分担したい」「週末は家族で過ごしたい」など仕事と家庭を両立できることを語りましょう。


男性は仕事の話をしがちですが、結婚後の話をすることで婚活女子としてはその真剣さに心が傾くでしょう。


■40代男性の場合

同世代の女性が相手であれば、お互いある程度の人生経験があるので誠実さと熱意を伝えることができれば十分です。

ただ、同世代女性といっても大きく2種類に分かれます。まずは純粋に共に人生を歩むパートナーを探している場合で、これまで結婚の機会に恵まれなかった人・離婚してしまった人などがいますが、相手に求める条件は現実的なものです。内面を重視するため容姿や年収に対してこだわりがありません。


次が、強い競争心をもっているタイプです。彼女たちは若い頃にもてはやされ今もその感覚をもっています。

これらの女性は、年収〇〇万以上でないとだめとか一流企業勤めでないとだめなどと条件を設定します。そうなると平均的な40代男性の場合相手にされないことがあるのです。


これらを考えると、40代男性の婚活のポイントとして最も大切なのは、自身のアピールよりもどのような相手を選ぶかが重要なポイントになってきます。


つまり後者では無く、前者のように純粋な気持ちを持ち人間性を重視している女性を選んでアプローチするのです。


例えば、プロフィールは見栄をはらず自然な自分を見せましょう。結婚の考え方や求めるものを伝えます。


■50代以上の男性の場合

50代以上で結婚を求めると、包容力が求められます。50代となると40代女性がターゲットになることでしょう。


男性が50代となると女性は経済面や人間面で上位の男性を好む傾向があります。そのため、30代までの女性は見た目が大事で、かっこよい男性を結婚相手に考える方も多いです。しかし40代にもなってくると安定した生活を保証してくれる男性に魅力を感じる人が多くなります。


また、40代で婚活をしている女性は、婚期のタイミングを逃した人は勿論のことバツイチや子供がいる経歴を抱えている方も中にはいます。そのような女性の不安を包容力で受け入れることで、成功率が上がるのです。


婚活は始めようと思ったタイミングで開始するのが大切

婚活を始める理由は個人や年代によって異なり、それぞれのライフスタイルも多様です。そのため何歳になったら婚活を始めるべき、という一般的な規則は存在しません。


したがって「いつから始めるべきか」という質問の答えは明確で「自分が結婚に意識を向け始めたとき」といえます。周囲に流されて焦って婚活を始め、結婚に至ったものの後悔する可能性もあるからです。


今回紹介した初婚年齢のデータなどはあくまで参考であり、自分が心から結婚したいと思った時に婚活を開始することがおすすめです。


同じ趣味の女性との出会いがあれば婚活がスムーズに進みやすい

趣味が同じだと、会話の話題がつきることがなく楽しい時間になることは間違いありません。それは婚活も例外ではありません。


婚活で自己紹介のとき必ず確認するのがお互いの趣味です。例えば本が好きならばどんな本が好きか、休日はどんなことをして過ごしているかを聞くことでどのような趣味であるかがわかります。趣味は話のきっかけにもなるのです。


自分の好きなことを話すと楽しいのは勿論、緊張がほぐれて話題が途切れることはないでしょう。


そして趣味についての質問は、プライベートの質問と違って知っていることはなんでも答えてくれるでしょう。趣味を知ることでどんな価値観を持った人なのかということもわかります。


相手に次の質問をしてみましょう。

  • 好きな本、音楽

  • アウトドア系なのかインドア系なのか

  • その趣味がどのくらい好きか

  • 毎日どのくらい趣味に時間をかけているのか

  • いつから始めたのか

このような質問から相手がどのような人か理解することができます。


婚活では同じ趣味の人を見つけるのもよいのですが、趣味を通して話のきっかけにしたり、相手の価値観を知ったりすることが大切なポイントとなるのです。当然、趣味が同じだと婚活もスムーズに進みやすくなります。


BOOK婚は本好きの方に特化した結婚相談所です。結婚に本気な会員が登録しているから理想の結婚相手がスムーズに見つかります。

なかなか素敵な出会いがないと悩んでいる人は、一度ご相談ください。



趣味に特化した結婚相談所「BOOK婚」に相談してみよう

読書好きなら趣味に特化したBOOK婚が一押しです。一般的な結婚相談所では読書好きに理解がある方を探すのが大変です。趣味に特化する結婚相談所だからこそ成婚率をあげることができます。


先にも述べましたが、同じ趣味を持っているということはお付き合いする上で多くのメリットがあります。


マッチングアプリも山のようにありますが、結婚相談所では独身証明書・卒業証書・身分証明書の提出が義務付けられているため安心です。


同じ読書が趣味の相手を見つけるにはBOOK婚がおすすめです。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page