top of page

読書交流会に参加してみよう!本好きの知り合いを増やすためのベストアイデア|特徴から今どきの傾向まで

更新日:2023年6月16日

読書とは1人の時間にゆっくりする方も多いかと思いますが、知識や感想を共有して楽しみたい方が増えているのはご存じでしょうか。

今では、読書交流会というみんなで集まって本の楽しさを伝える会が人気です。そこで今回は、読書交流会について・本好きの友達を増やすためのベストな方法・読書交流会の今どきの傾向までお話していきますのでご覧くださいね。


読書友達を作りたいのなら

読書友達を作るためには、読書に興味のあるグループに参加するのが良いでしょう。オンラインでもオフラインでも交流を楽しめ気軽に参加できます。

場所は近くのカフェ・図書館・本屋さんなどで開催されるので、事前にSNSでチェックしてみてください。

SNSでは#(ハッシュタグ)をつけて探すと本が好きな人の投稿が見られます。そこでは読書会に参加している人の情報を得られます。

もっと内容を掘り下げるなら、あなたが興味のあるジャンルの本に#(ハッシュタグ)を付けて検索してみましょう。

#ミステリー・#ファンタジー・#恋愛小説などしぼって探せばより話題の合う読書友達が見つかるでしょう。


読書好きと交流するなら読書交流会

先ほどお話したように、読書が好きなら読書交流会に参加するのがおすすめです。SNSのグループでメッセージ交換してお互いの情報を知れて安心です。

事前に相手がどのようなジャンルの本が好きか・どのような性格かを把握し、読書会で会ったときにスムーズに話ができたり意見交換できたりするでしょう。


読書交流会の種類

一口に読書会といってもさまざまな形式があります。オンラインであったりリアルに会ったりする読書会の内容をこれからご紹介いたします。


■参加者が実際に集まる読書サークル

まずは参加者が実際に集まる読書サークルが定番の形式です。カフェや図書館で開催されており、ふらっと参加するのもOKですが、前もって日時を指定して開催者に連絡を入れておくと効率良く話が進みます。

サークルでは開催される曜日や時間が決まっていることが多いです。平日仕事などで忙しい人でも土日に開催されている読書サークルを探してみるのも良いでしょう。

実際に集まって好きなジャンルや作家さんについて話し交流すれば、より距離が縮まって満足できる会になります。


■オンラインで交流する読書好きの交流会

オンラインで交流する読書会とはネット上で開催され、お家にいてもすぐに参加できるのがメリットです。

SNSではたくさんのそれぞれの趣味を持ったグループが存在しますが、読書会もその1つに含まれています。

グループには今まで読んだ本や最近読んだ本の感想が簡単に投稿されていて、会ったことはないとはいえ、その人の考え方や価値観がなんとなくわかります。

まずは、SNSで知り合って気が合えばZoomなどで個別に本についての意見交換をしてみるのも良いでしょう。


■スマホさえあればどこからでもOKの読書交流アプリ

読書会はスマホがあれば読書会に参加できます。例えば以下のような読書会交流のアプリがあります。

  • Goodreads

  • Bookshelf

  • Bookclub

どのアプリにも共通しますが、みんなが読んだ本を投稿し感想を載せています。本を共有することで、共通点が見つかり、今まで出会ったことのない本を発見するかもしれません。

そしてスマホならではのメリットはどこからでも情報を発信したり、共有できたりすることです。

電車の中・お出かけ・待ち時間の合間にさっと情報を見られて効率良く読書友達を増やせるでしょう。


読書交流会の特徴

ここまで読書交流会についてお話してきました。では、読書交流会にはどのような人が集まっているのか、応募資格はあるのかなどの特徴についてお伝えしていきますね。


■読書好きな人が集まったサークル

サークルとは趣味趣向が似た人たちの集まりであり、イベントを定期的に開催して交流を深めるものです。

読書交流会はその名の通り、本に興味を持つ人たちが集まって感想を述べたり聞いたりします。

こちらは学校・大学・SNSでも簡単に立ち上げられます。例えば、学校で文学部に所属していれば文章に興味を持つ人が多いでしょう。

そこで「読書サークルを作ってみないか」と声かけしてみるのがおすすめです。サークル人数を増やすなら、ネットや校内でのチラシでの呼び込みも大切です。


■年齢・性別に関係なく参加可能

読書交流会の応募条件は年齢や性別などの指定はありません。読書は幅広い年齢、男女問わず誰でも参加できるので、知識の豊富な年上の人からの意見や異性の考え方を聞けます。

また、趣味が合うことで距離が縮まり交際に発展する可能性も高くなります。

BOOK婚は本好きの人が登録している婚活サイトです。結婚において価値観が合ったり、趣味が同じであったりすると一緒にいて居心地が良いでしょう。

読書が趣味ならぜひBOOK婚をご利用くださいね。



■内気な人も安心して参加できるものが多い

読書交流会は内気な人でも参加できる会が多いです。テーマが本だと決まっているので話をしやすい環境にあり、他の人の意見を聞くのも大事であり、話し慣れない内気な人でも参加できます。

本好きという大きな強みを活かし、参加するごとに自分自身に自信がつくかもしれません。というのも相手の知らない本をあなたが知り、相手に本について教えてあげられるからです。

読書交流会は他の交流会と違い、参加者が比較的少ない点も自然と会話できるポイントの1つです。


今どきの読書交流会の傾向

交流会はときが経つにつれて変わっていく傾向です。昔と違いSNSやオンラインの普及で色々な人との連絡手段が一気に広まりました。そこで、今どきの読書交流会はどのようなものかをお伝えしていきます。


■人脈作りを兼ねた異業種交流会

今どきの交流会は人脈を広げるために開催され参加する人が増えています。例えば、広告業界の読書会などビジネスマンに向けたものもあります。

広告業界はサービス業界やIT業界などとも密接な関わりがあり、お互いに新たなアイディアを作り出すのに異業種交流会は大切です。

このように趣味を超えて仕事上でも読書交流会は、知識や経験を増やすのに重要な役割を果たします。


■課題図書を選んで勉強会形式で

今どきの読書交流会は指定の本を選んでそれについて議論するケースもあります。オフィスの1室やホテルのラウンジなどで勉強会を開くことにより、他の人の意見を聞いて知識を吸収でき自分を高められるでしょう。


■テーマを決めずに好きな本について語り合う

テーマを決めずに読書会で話し合うのもジャンルに縛られる必要もなく、気軽に参加できるかもしれません。

お互いに好きな本について話し合うのは心身ともにリフレッシュできます。あまりジャンルに固執せず、自由に読んだ本について話したい方やおすすめの本を広めたい方にぴったりです。

ただ注意してほしいのは、あなたが好きな本について話すときについつい話が長くなってしまうかもしれません。

読書交流会はある程度時間が決められているので、他の人が話せるように時間を考えて話しましょう。事前に話す内容を簡単にまとめておき、時間を大切に使いましょう。


■マンガやラノベもOKなゆるい読書交流会も!

マンガやラノベを主体とした読書交流会も存在するのはご存じでしょうか。ラノベとはライトノベルの略であり、軽い言葉で書かれた若い人が好む小説を意味します。

読書といえば、難しい小説をイメージする人も多いかもしれませんが、マンガやラノベなら最近読書が趣味になった人や若い世代の人でも参加しやすいです。

ジャンルが偏らないため、他の人のおすすめの本で新しい発見ができるかもしれませんね。

BOOK婚はジャンル問わず本が好きな人が登録をしています。あなたの好きなジャンルの本を読んでいる人もたくさんいるかもしれません。

ぜひこの機会に参加してみてくださいね。



読書交流会へ参加するには?飛び入りもOK?

読書交流会には事前に予約していく方がスムーズに参加できます。しかし、飛び入りで参加OKの読書交流会もあり予約を忘れていたり、通りがかりで参加したりというケースでも大丈夫な会も多いです。

例えば、カフェでの読書会やオンラインでの読書会は事前予約なしで参加できます。少しでも読書に興味を持つ人が増え、より本を好きになってもらいたいという想いからというのもあります。


異性の読書友達を作りたいなら「BOOK婚」も要チェック!

BOOK婚は、読書を趣味とした結婚を考えている男女が集まった婚活サイトです。お互いに結婚をゴールとしていて高い成婚率を誇っています。

まずは、あなたが読書友達を作りたいならBOOK婚への登録がおすすめです。まずは友達になり、自然と交際から結婚へ発展する可能性は高いでしょう。

さらにマッチングアプリでお互いのプロフィールを登録し、あなたに適した相手を探せます。そして2人の仲をスタッフがサポートしてくれるので会話も弾むでしょう。

まずはあなたのことについて知りたいのでカウンセリングをおすすめします。理想のタイプや今までの恋愛での悩みなど些細なことでもお伝えくださいね。



読書交流会を通じて異性の知り合いの輪を広げよう

読書が好きな人たちのグループに入り、異性との出会いや交流を増やしていきましょう。読書は年齢や性別問わず人気の趣味の1つです。

さらに長い間続けられる趣味なので、あなたのこれからの人生の一部になるかもしれません。そしてそのような強みのある趣味の人はたくさんいます。

まだあなたが相手を見つけていないだけなのかもしれません。BOOK婚で視野を広めて、たくさんの人との出会いを見つけていきましょう。

閲覧数:1,001回0件のコメント

Comments


bottom of page