top of page

独身でいると後悔する?独身のメリット・デメリット・後悔する理由を解説

今や独身で過ごす人が増えてきている世の中ですが、ずっと独身でいると後悔するのでしょうか。

結論として、独身の自由さを快適に感じながらも一人で過ごす寂しさや将来の不安から独身でいることに後悔を感じる人が多いです。

ではどのような時に独身でいることを後悔するのでしょうか。

本記事では独身でいると後悔するのかについて、独身でいるメリット・デメリット・後悔する理由について詳しく解説します。

このまま独身で良いのか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。


独身でいると後悔する?

近年独身の人が増えていて、内閣府が発表している少子化社会対策白書によると生涯未婚率が年々増加している傾向にあります。

この生涯未婚率とは50歳時点で1度も婚姻をしていない独身の人をさします。

結婚自体をしたくないと考える人もいらっしゃいますが、年齢を重ねるにつれ独身のままでいることに不安を感じ、後悔する人も多いです。

長い間独身時代を過ごすと、いざ婚活を始めようとしてもなかなか一歩が踏み出せません。また、どのようにして交際から次のステップへつなげれば良いのか分からないと悩んでしまい、結局独身の状態が続いてしまうなんてこともあります。

独身でいることに後悔する前に、結婚につながる行動ができるかどうかが独身のままでいるか結婚して家族を築くかの分かれ道となりそうです。


独身のメリット

では独身でいると得られるメリットとはどのようなことが考えられるのでしょうか。独身でいると下記の3つのようなメリットがあります。

  • 経済的な負担が少ない

  • 時間を自由に使える

  • パートナーの親族との付き合いがない

それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。


■経済的な負担が少ない

独身でいると、もらった給料は全て自分のために使えるので、経済的な負担が少ない傾向にあります。それは自分の給料に合った生活水準で過ごすよう、支出を調整できるからです。

しかし、結婚して家族ができると家計のために支出する機会が増えます。その支出額は家族が増えるほど大きくなっていきます。

独身であれば仕事で得た給料を自分の身の回りのことだけでなく、趣味や楽しみにも気兼ねなく費やせる点がメリットといえるでしょう。


■時間を自由に使える

独身であれば、仕事やプライベートなどの時間を自由に使えます

お出かけの予定はもちろんのこと、普段の食事・入浴・就寝の時間など自分一人の都合に合わせて自由に過ごせるでしょう。

しかし、結婚するとパートナーや子供の都合に合わせなければならない場面が多々でていき、自分の自由な時間は限られます。時間を自分の思うように使えるのは、独身の特権ともいえるでしょう。


■パートナーの親族との付き合いがない

すでにパートナーがいる場合、独身のまま過ごしていると、パートナーの親族と会わなくて良いメリットがあります。

パートナーの親族と顔を合わせるのは、ある程度関係性が深まっていないと煩わしく感じるものです。

結婚するとそれぞれの親族とも付き合わなくてはならず、遠方にいたとしても、正月やお盆などに会う機会を設けなくてはなりません。

しかし、独身同士のままであれば、パートナーの親族に会わなくても特段問題ないでしょう。


独身のデメリット

ここまで独身のメリットについて解説しました。経済的にも時間的にも余裕がある反面、独身にも下記の3つのようなデメリットがあります。

  • 孤独を感じることがある

  • 病気になった時に看病してくれる人がいない

  • 親に心配をかける

それぞれのデメリットについて詳しくみていきましょう。


■孤独を感じることがある

独身のままでいると孤独を感じることがあります。20代後半から30代前半に結婚のピークを迎え、周囲の友人が結婚すると、家庭が優先になります。

すると、一緒に出かけたり飲みに行ったりできる友人が少なくなり、一人で過ごすことが自然と多くなりがちです。

また、普段の生活においても一人でいる時間が多く、孤独を感じやすい場面が多くなります。

結婚すると仕事から帰宅したら部屋が明るく、待っていてくれる人がいます。そして、温かいご飯を一緒に食べられるので、孤独を感じにくくなるでしょう。


■病気になった時に看病してくれる人がいない

独身のままだと体調が悪い時も自分で対処しなくてはなりません。高熱によってフラフラな状態でも通院し、食事の準備を行うことは非常に難儀なことです。

また自分一人だけだと体調の変化にも気づきにくく、知らぬ間に体調が悪化していたなんてこともあり得ます。

現に新型コロナウィルスの感染が拡大していた際には、一人暮らしで感染し、体調悪化に気付かぬまま自宅で亡くなっていたケースもありました。

これらを踏まえると、体調が悪い時に看病してくれるパートナーがいると、体が休まり不安なく過ごせるでしょう。


■親に心配をかける

独身のままでいると親に心配をしてかけてしまうデメリットもあります。

親は自分の子供が何歳になっても自分の子供であり、生涯のパートナーと一緒に人生を歩んでくれることを切に願っています。

結婚のピークにあたる20代後半から30代前半になると、親から結婚する相手を見つけるようにとプレッシャーをかけられた人も多いのではないでしょうか。

自分の子供が人生のパートナーと一緒になることで、親にとっても一安心できます。

そのため独身のままでいると、子供の将来について親はずっと心配し続けることになります。

親を安心させるためにも、結婚してパートナーや家族と暮らす人生も検討してみてはいかがでしょうか。


独身でいると後悔する理由

独身の期間が長くなるほどなかなか結婚に踏み出しにくくなるものです。「あの時にもっと積極的に婚活していればよかった」と後悔することも増えるでしょう。

では独身でいると後悔する理由として、どのようなことが挙げられるでしょうか。詳しくみていきましょう。


■家に帰っても誰もいなくて寂しい

独身だと仕事でくたくたになって家に帰っても部屋は暗く、「お帰りなさい」と声をかけてくれる人はいません。

部屋に入って何をしても一人でいる時間が長くなるため、誰かと話をしたくなったり寄り添ったりしたいと思ってもできない寂しさを感じるでしょう。

気軽に会える友人や家族が近くにいないとより寂しさを強く感じます。しかし、結婚して家族がいると、帰宅すればパートナーや子供が声をかけてくれます。

また、温かいご飯を家族で囲んで食べると寂しさを感じることはないでしょう。


■家族を持つ友人が幸せそうに見える

仲良くしていた友人が結婚すると話題が自然と家族のことになります。

例えば新婚であれば、パートナーとの旅行やたわいのない些細な出来事でも幸せにみえるでしょう。

また子供が生まれると、苦労話がありながらも家族が誕生した喜びが感じられ、非常に幸せそうにみえるのではないでしょうか。

このように独身のままでは感じられない幸せを自分も体感したいと思うようになり、後悔することがあります。


■老後が不安になる

独身で長く生活していて将来的に考えるのが、自らの老後についてです。パートナーや子供がいなければ、老後は自分自身で対処しなくてはなりません

特に心配なのが年齢を重ねると体調面で不安に感じられることが増えてきます。

もしも病気になったり、介護状態になってしまったりした時の病院や施設の手配なども自ら行う必要があります。

また、独身だと自分の年金だけで賄わなければならないため、年齢を重ねるごとに老後に不安を抱く人も多いです。

結婚していればパートナーとともに老後資金を蓄えられますし、体調が悪くなっても頼る家族がいます。

このような老後の不安を感じた時に独身でいることを後悔します。


生涯独身を避けるために異性と出会う方法は?

生涯独身でいることを後悔する前に、まずは異性との出会いの場に積極的に足を運びましょう。

近年では新型コロナウイルスの感染拡大もあり、なかなか異性と出会う機会がありませんでしたがオンライン上で知り合い、結婚に至るケースも増えてきています。

ここでは異性と出会える方法について詳しくみていきましょう。


■マッチングアプリ

まずは自分と共通の趣味を持つ人や好みの異性を気軽に見つけたい人にはマッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリはプロフィールや写真から気に入った人に連絡をとることでやり取りを重ね、交際につなげることを目的としています。

マッチングアプリに登録しているさまざまな人の中から、自分にとって好みの人や共通の趣味を持った人をオンライン上で気軽に見つけられます。


■婚活サイト

婚活サイトは最終的には成婚することを目的として出会いを見つけるもので、オンライン上で結婚相手を探したいと考えている人におすすめです。

マッチングアプリ同様、プロフィールや写真から自分に合った人を見つけて連絡をとりますが、婚活サイトは結婚を前提に付き合う人との出会いを支援してくれるサービスです。

そのため、婚活サイトに登録している人は結婚相手を探していることが条件となります。

近年ではAIによるマッチングを行うサービスを展開しているところが多く、より自分に合った結婚相手を見つけられるでしょう。


■婚活パーティー

オンラインではなく、実際に出会いの場に足を運んで結婚相手を探したいという人には婚活パーティーがおすすめです。

婚活パーティーは一緒に食事をしたり、共同作業を行ったりすることで会話が弾み、気に入った相手とその場で交際につながることもあります。

婚活パーティーも婚活サイト同様結婚相手を探すことを目的として参加しているので、交際にとどまらず、その後の人生のパートナーを見つけたい人たちが集まっている場です。

また共通の趣味を持った参加者を募ったり、参加者の職業や年収を限定したりする婚活パーティーも開催されているので、出会いたい相手がいる婚活パーティーに参加してみるのも良いでしょう。


■趣味のサークル

自分と同じ趣味を持った人と出会いたいと考えている人は、趣味サークルでの出会いがおすすめです。

趣味サークルは同じ趣味を持った人たちが集まって活動するもので、趣味の内容としてはスポーツはもちろん、登山・ゲーム・お酒など多岐にわたります。

同じ趣味を持つ人同士が集まって活動するので自然と知り合えて、交際後もお互いに共通の趣味で楽しみ合えるメリットがあります。

結婚後も一緒に趣味を楽しんだり、趣味に関する理解が得やすかったりするでしょう。


■結婚相談所

結婚したいがなかなか一歩が踏み出せずに悩んでいる人には結婚相談所がおすすめです。結婚相談所はスタッフが出会いから結婚に至るまでをトータルサポートしてくれます。

例えば、マッチングアプリや婚活サイトのように自分のプロフィールを掲載しますが、より魅力的に見えるようアドバイスしてくれます。

また、交際後もうまくいかないことや交際相手に伝えにくいこともスタッフに伝えることでフォローしてもらうことが可能です。

数多くの会員の出会いをサポートしてきたスタッフが、自分に合った相手を紹介してくれるので、どのような相手が自分に合っているか分からないと悩んでいる人も安心して利用できるでしょう。

例えば「BOOK婚」では本を通じて出会いを見つける結婚相談所で、本が好きという共通点を持った人との出会いをサポートしております。恋愛カウンセリングのほか、プロフィールの書き方・お見合い・デート・プロポーズのアドバイスが受けられます。

また、本にまつわる恋愛アドバイスや読書イベントといった「BOOK婚」ならではのサポートが受けられるのも魅力の一つです。気になる人はぜひご覧ください。



1日でも早く結婚相手を探すなら結婚相談所

出来るだけ早く結婚相手を見つけたいと考えている人には、結婚相談所を利用することをおすすめします。

結婚相談所は真剣に結婚したい人が会員として集まっており、入会の際には独身証明書を提出するなどある程度審査があります。

また、他の婚活方法に比べ諸費用も高額になることから、できれば早く自分に合った結婚相手に出会いたいと考えている人たちがほとんどです。

そのため、出会って意気投合し、交際に発展すると結婚まで1年前後という実績の結婚相談所が多いです。

加えて結婚相談所ではさまざまな視点から適していると判断した相手を紹介してもらうことで、交際からプロポーズ、成婚に至るまでをサポートしてもらえる利点があります。

本好きをつなぐ「BOOK婚」もお見合いの日程調整や恋愛カウンセリング、お見合いやデート、プロポーズのアドバイスなど成婚につながるよう全面的にサポートいたします。



結婚相談所での婚活の流れは?

結婚相談所での婚活の流れは下記の通りになります。

  • どこの結婚相談所を利用するか決める

  • カウンセリングを受ける

  • プロフィール、写真を準備する

  • プロフィールや写真から希望に合ったパートナーを探す

  • お見合いする

  • 仮交際、真剣交際する

  • プロポーズし、成婚退会する

まずは、結婚相談所をどこにするか決めましょう。

結婚相談所といっても大手から老舗まで数多くあり、サービス内容や成婚率など異なりますので自分の希望に合ったサービスを提供しているところを選択しましょう。

どこの結婚相談所にするか決まったら、次にカウンセリングを受けます。どのようなパートナーと出会いたいのか、希望をしっかり伝えることが大切です。

そして、プロフィールを作成したり写真撮影したりします。プロフィールを見た人から気に入ってもらえるようにアドバイスをもらいながら作成していきましょう。

ここまできたら準備は完了です。準備ができたら相手探しを始め、気に入った人が見つかったり、プロフィールを見て連絡をもらったりしたらお見合いという形でお会いします。

お見合いで付き合う意思があれば仮交際から真剣交際に進み、お互いに結婚の意思があればプロポーズ、最終的には成婚にて結婚相談所を退会する流れとなります。

しかし、いざ結婚相談所を利用するとなってもなかなか踏み出せない人もいらっしゃいます。

自分で行動するのが苦手な人や、どうやって出会いから交際につなげれば良いのか悩んでいる人は「BOOK婚」を覗いてみてはいかがでしょうか。

本が好きという共通点を持った人同士が出会えるので、初対面でも本の話題で盛り上がれます。



生涯独身で後悔したくないなら結婚相談所を活用しよう

ここまで独身でいると後悔するのかについて、独身のメリット・デメリット・後悔する理由を解説しました。

独身でもお金や時間が自由に使えるメリットがある分、寂しさや将来への不安を抱えるデメリットもあります。

また、一人で過ごすことが多くなる・結婚した友人の幸せを羨ましいと感じて独身でいることを後悔する人もいらっしゃいます。

普段の日常生活でなかなか出会いがないと悩んでいる人は、婚活サイトや結婚相談所などを活用することでパートナーが見つかるかもしれません。

結婚したいけどなかなか踏み出せないとお悩みであれば「BOOK婚」の本好きスタッフが寄り添って婚活をサポートいたします。


閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page