top of page

アラサーでも同じ趣味の人と結婚したい!婚活で失敗する原因や読書好きの婚活失敗例・出会い方を詳しくご紹介します

更新日:2023年6月16日

20代後半~30代前半のアラサーと呼ばれる年齢になると「そろそろ結婚したい」と感じる人も多いのではないでしょうか。

ただ、焦ってやみくもに結婚相手を探しても自分が納得できる相手に出会えない・何から始めたらいいのか分からないという人はいらっしゃいませんか。

そんな人に今回は婚活で失敗してしまう原因や読書好きの婚活失敗例から出会い方まで詳しく解説いたします。

婚活を考えているアラサーの人は、ぜひ参考になさってください。


結婚したいと思って婚活をするアラサーの人が増えている

アラサーと呼ばれる20代後半から30代前半の年代で、結婚したいと思い婚活をする人が増えているのはなぜなのでしょうか。

まずは、近年の結婚年齢が高くなったことです。特に女性の結婚年齢は、30年間で4歳上がっており、24〜25歳くらいから29歳前後に変化しています。

これは、女性の社会進出と関係があります。女性も自身の仕事やキャリアを確立することで収入が十分得られるようになり、経済的な自立が可能になりました。

そのため、仕事やキャリアが安定するアラサー世代で、結婚したいと感じ婚活をする人が増えているのです。

このような時代の変化を受けて、アラサーの人が婚活をするために利用できるサービスが増えています。具体的には、マッチングアプリ・結婚相談所・婚活イベントなどです。

こういったアラサー向けの婚活専門サービスが増えることによって、アラサーの人の出会いのきっかけが増えています。

イベントなどを通じ、実際に会って会話をすることで理想の相手を見つけられる可能性もありますね。


アラサーの人が結婚相手に求めること

一般的にアラサーの人が結婚相手に求めることとしては、以下のことが多いです。

  • 経済的安定:自分自身が経済的に安定している状態の人が多いため、結婚後も経済的に安定して生活していける相手を探す人が多い。

  • 人間関係における人生経験:人生経験が豊富で人間関係が良好な人と関係を築きたいと考える人が多い。

  • 共通の趣味や価値観:共通の趣味で一緒に楽しみたいなど価値観が近い人を求める人が多い。

  • 結婚に対する意識の高さ:意欲的に婚活に取り組んでいるため、同じ様に結婚に対して意欲的な人を探している人が多い。

このように、アラサーの人は、上記の4つの内容を求める人が多いです。これらは、自分自身の人生経験で得られる内容と同等か、それ以上のものを相手に求める傾向が見られます。


■趣味・価値観

アラサーの人が求める条件に、結婚相手に共通の趣味やお互いの趣味に理解がある相手・重視したい価値観が近い相手を求める傾向があります。

趣味でいうと、旅行・読書・スポーツ・音楽・料理・カメラなどです。こういった共通の趣味があると結婚生活の中でも一緒に楽しむことで仲が深まりますね。また、共通の趣味ではなくても、お互いの趣味に理解がある相手だと結婚後も趣味を楽しむことができるでしょう。

結婚相手に求める価値観ですが、結婚生活を進めていく上で、価値観があまりにも違うと一緒に生活していくことが難しくなってしまいます。価値観でよく求められるのは、家族や子育て・仕事やキャリアについての考え方などがあります。

もちろん、結婚して家族になるわけですが、元々育ってきた環境が違い考え方などの価値観・趣味も十人十色です。これだけは譲れないという重視するべき価値観が合う相手・共通の趣味がある相手だと良好な夫婦関係を築きやすいでしょう。


■経済力

結婚後も安定した生活を送っていきたいと考えるため、結婚相手に経済的に安定した人を求める人が多いです。

結婚生活を進めていくと、子育て・マイホーム購入・老後など他にも人生設計の中でお金が必要な場面はたくさんあります。そういった結婚後のことも考えた時に、結婚相手の経済力を求めていると考えられます。

結婚生活で経済的に安定していることは、夫婦関係を良好に保つために必要なことではありますが、経済力だけで結婚を決めてしまうのはよくありません。経済力以外にも相手のことをよく知り、お互いの価値観をきちんと理解し合える相手を選ぶことが重要です。


■誠実さ・思いやり

結婚相手には、思いやりがあり、嘘をつかない誠実な人を求める人が多いです。

結婚後、何十年と一緒にいる相手ですから、お互いに理解があり支え合えるパートナーだと末永く幸せに暮らしていけるでしょう。

思いやりとは、相手の気持ちや願いなどを理解し、相手が喜んだり生活しやすいように支えたりすることです。誠実さは、相手に嘘をつかず、正直なことです。

お互いのことを思いやることができて、理解し合える相手となら安心して結婚生活を送れるでしょう。

このように思いやりや誠実さを相手に求めるということは、自分自身も同じように結婚相手に誠実に思いやりのある態度で接することも重要です。


アラサーが婚活で失敗する原因とは

婚活において、誰しも失敗はしたくないものですね。

では、アラサーの婚活で失敗する原因にはどんなものがあるのでしょうか。よくある失敗例として、以下のものがあります。

  • 自分に自信がない:職業・経済状況などから自己評価が低い。過去の経験やトラウマから否定的な考えを引きずり、自分に自信がなく、婚活を上手く進められない。

  • 自分に合ったパートナー像がない:自分自身を理解できていない状態で、自分に合ったパートナー像が分からない。あやふやな状態で婚活を進めているため、自分に合ったパートナーが見つからない。

  • 社会的・家族・友人などからのプレッシャー:家族や友人、または社会的なプレッシャーにより、本当に自分が求めている条件の人と巡り合えない。

このようなことが、アラサーの人が婚活を失敗している原因でよく見られるものです。

ですが、失敗する事情や背景は人それぞれですので、個人個人で原因は異なります。

上記以外にも、考えられる要因を詳しく解説していきます。


■婚活手段が自分と合っていない

婚活の手段とは、主にマッチングアプリ・結婚相談所・婚活パーティーなどです。

例えば、社交的ではなく人見知りをするのに頑張って婚活パーティーに参加したり、オンライン上での恋愛を好まないのにマッチングアプリに登録したりしていませんか。

このように自分自身の性格や得意不得意を無視した手段を使っている人も多いのではないでしょうか。

これに加え、自分に合った相手がいない・自分に合った職業や経済状況の人がいない・自分に合った地域の人がいない・自分の趣味に合った人がいないなど、自分に合った人と出会えない婚活手段を選んではいませんか。

こういった状況を避けるためには、まず自分自身のことを分析し、自分の得意不得意・自分に合ったパートナー像をはっきり見つけておくことが重要です。そうすることで、最適な婚活手段も見つかるでしょう。

「BOOK婚」は読書好きのための結婚相談所です。読書好きで独身の人が入会条件のため、同じ趣味を共有できるパートナーと出会えます。

読書会などのイベントともにご用意しております。まずは自己分析を含めた無料カウンセリングにお越しください。



■理想が高い

理想が高いとは、結婚相手に求める条件が厳しく、現実的に達成しにくい理想になってしまうことです。

理想のパートナー像として身長・容姿・経済状況などの条件が厳しく、その条件に見合う人が少ない状況に陥り、婚活を進められない人がいます。

高い理想を追い求めるには、まずは自分自身もその理想に見合う存在にならないといけません。

求める理想と、現在の自分自身の状況を鑑みて現実的な条件に見直すことも必要かもしれません。その上で自分に合った手段で婚活を進めることが重要です。


■恋愛・結婚に夢を見過ぎている

恋愛や結婚に夢を見過ぎているとは、現実からかけ離れた高い理想で、自分に合った相手を見失ってしまう状況です。

理想の結婚生活・完璧なパートナー像・結婚することで絶対幸せになれるというような理想を掲げていると、なかなか理想と一致する人が現われず婚活が進められない人がいます。

高い理想を掲げ追い求めることも悪いことではありませんが、その高い理想のせいで自分に合った相手を見失っては、もったいないです。

自分自身をまずはよく知り、絶対譲れない条件・妥協できる条件を見直すことで現実的に自分に合った相手を見つけることができるでしょう。

その上で自分に合った手段を選ぶことが重要です。


読書が趣味の人は同じ趣味の人となかなか出会えない?

読書は個人個人が1人で行うことが多い趣味ですので、職場や日常生活の中で同じ趣味の人に出会えないと感じている人も多いのではないでしょうか。

また地域や年齢層によっても出会いの機会が限られていることもあるかもしれません。

そんな読書が趣味の人の出会いの場としては、書店などで行われる読書会やオンラインで行われる読書会が挙げられます。

こういったイベントに参加することで、同じ趣味の人と交流できたり、出会いの機会を得たりできます。

「BOOK婚」では、アラサー向けの読書会などのイベントも開催しています。ぜひ、ご参加ください。



読書好きな人で婚活に失敗した人の事例

ここまでいろいろな婚活の失敗原因を見てきましたが、読書好きな人が婚活に失敗した事例を見てみましょう。

  • 趣味が合わなかった:読書好きなAさん・本には興味がなく旅行やスポーツが好きなBさんは婚活中に出会ったが、お互いがお互いの趣味に理解を示せず、結婚できなかった。

  • 時間の使い方が違った:婚活中に出会ったCさんとDさん。2人とも読書が趣味。

CさんはDさんと一緒に過ごすため、仕事の合間に読書をするようにしていた。Dさんは家に帰ってから家族や友人と過ごすことが多く、CさんがDさんと過ごすために作った時間にDさんが違うことをしているため、お互い理解できず結婚できなかった。

このように、結婚相手には一緒に過ごす上でお互いの趣味に理解がない、時間に対しての価値観の違いから失敗することもあるようです。

他にはどのような事例があるのでしょうか。


■自分を出すのが苦手

自分のことを他人に伝えるのが苦手な人がいます。

自分を出すのが苦手な人は、自己主張や自己アピールができないので、自分の意見を言ったり自分のよさをアピールするのが苦手です。

人前で話すことが難しく、人前で話すと失敗して笑われるのではいかと心配し、話せなくなってしまいます。

このように自分を出すのが苦手な人は、自分の意見を上手く伝えることが難しく自己アピールができないため、仕事やプライベートでチャンスを逃してしまいます。


■結婚相談所で押し売りされた

押し売りとは、結婚相談所が婚活に興味がある人に対して、強制的にサービスを提供し収益をあげようとする行為です。

例えばGさんは、婚活に興味を持って結婚相談所に来ました。カウンセリングを受けた際、会員登録をしないといけないと言われ、会費とサービス料を払うことになってしまいました。

またGさんは、会費を払えばマッチングアプリで条件に合った相手をマッチングできると聞き、会費を払ったが未だにマッチングされていない。

こういったことを防ぐために、結婚相談所の利用を考えている場合は、事前にインターネットなどで口コミや評判を調べることでトラブルは回避できるでしょう。


■本について語れる人と出会えなかった

本について語れる人と出会えないパターンは、大きく分けて2パターンあります。

まずは、自分が興味を持っている本について語り合える人に巡り合えなかった場合です。

例えば「ハリーポッターシリーズ」が好きだと言っても、周りに同じくハリーポッターシリーズが好きな人がおらず、語り合えない場合があります。

ですので、好きな本のことで会話ができず、孤独感を感じてしまいます。

続いて、自分が好きで読んでいる本が周りに知られていない、受け入れてもらえない場合です。

例えばホラー小説を読んでいるとします。ホラー小説を読んでいる自分の周りには、ホラー小説に興味がない人・ホラー小説に否定的な意見を言われることで孤独感を感じてしまいます。


■読書会などに参加する機会がなかった

「読書会」などに参加できなかったことで、読書好きという共通の趣味を持つ相手と出会えなかった場合です。

読書は好きだが「読書会」というイベントがあることを知らないと、好きな本について語り合う相手も見つけられず、共通の趣味を持つ相手と結婚できないという結果につながります。

また「読書会」に参加するということは、読書という共通の趣味を持つ人と交流できるので、その中で結婚相手と出会えるチャンスが増えることになりますね。

もちろんですが、参加できなければ、そのチャンスも逃すことになってしまいます。


読書好きな人と出会うなら読書好きに特化したサービスがおすすめ!

読書が好きな人同士を結ぶマッチングサービスがおすすめです。

例えば「BookLover」というサイトやアプリでは、読書が好きな人同士で会話ができる場所が設けられています。本を読むことはもちろん、同じ本が好きな人と存分に語り合えます。他にも本のレビュー投稿や、読書会を開くことも可能です。

読書が好きな人と交流したり、出会いたいなら、こういった読書に特化したマッチングアプリを使うことで同じ趣味を持つ結婚相手と出会えるチャンスを増やせます。

また、結婚相手だけでなく共通の趣味を持つ友人を見つけることも可能ですね。


読書好きな人と仲良くなれるBOOK婚とは?

「BOOK婚」は、読書好きの会員がたくさん集まっている結婚相談所です。

自分は読書が好きだけど、周りに同じ様に読書が好きな人がいない・同じように本が好きな人と語り合いたい。

そんな時に便利なのが、読書に特化したマッチングサービスです。

この読書に特化したマッチングサービスを使うことで、読書が好きな人と出会える機会を作れます。

その後、交際から結婚へ順調に進み、読書が好きな人同士で結婚できるかもしれません。

BOOK婚は、読書が好きな人にとって理想的な結婚相談サービスを提供しています。

同じ読書という趣味を持つ相手との出会いが多く、お互いの趣味を理解し共有できるでしょう。

例えば、好きな本について語り合える・書店や図書館やブックカフェなどでデートができる・一緒に読書会などのイベントに参加できるなど、読書が好きな人には魅力的なサービスを提供しています。

BOOK婚は、読書が好きな人と出会えるマッチングサービスです。読書会などのイベントも行っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。



アラサーで読書好きな人との出会いを探している人はBOOK婚へご相談を

ここまでアラサーの人の婚活・読書が好きな人の婚活について解説してきました。

同じ趣味を持つ結婚相手は、お互いを理解し合えて趣味の時間を共有できるのが最大の魅力ですね。

結婚生活では、いろいろな困難なこともあるでしょう。結婚相手は、この先の人生ずっと共に生きるパートナーになるわけですから、そんな困難も一緒に乗り越えていける人を選びたいものです。

そのうえで読書が好きな人同士で結婚ができたら、共通の「読書」という趣味を共有し楽しい時間も一緒に過ごせるので、良好な夫婦関係を築けそうですね。

アラサーの人で読書好きな人との出会いを探している人は、「BOOK婚」で読書好きな人生のパートナーを探してみませんか。

あなたにとって素敵な出会いがきっと待っているはずです。

ぜひお気軽にご相談ください。

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page